FC2ブログ

年中・年長組 園生の森公園散歩

15日(火)に、あやめ台小学校の隣にある「園生の森公園」に散歩に行きました。
年中・年長組でペアになり、手をつないで幼稚園を出発!
自分よりも年下の友だちを安全に誘導しようと、年長さんは気合十分です。
年中さんは、お店見学に続いて2回目の園外散歩。
お兄さんお姉さんと手をつないでちょっと緊張ぎみの子もいました。
sonomori01.jpg

sonomori02.jpg
幼稚園正門前の横断歩道を渡り、小学校の敷地を通らせてもらう時には授業の邪魔にならないように静かに静かに…。
職員室前で教務の先生が見送ってくださいました。

sonomori03.jpg
森の入り口には案内図や看板などが立っています。
森の環境を守るための約束を再確認してからいよいよ中に!

sonomori04.jpg
背の高い木々に囲まれ、奥に進むほど車の音も遠くなります。
空気がひんやりと澄み、きらきらした木漏れ日が美しかったです。

sonomori05.jpg
「ここには『タマゴタケ』が生えるんだって!」
sonomori05-2.jpg

sonomori06.jpg
森の奥の広場に到着した後は、みんなで遊びました。
「落ち葉のシャワーだ!」「落ち葉の雨だー!」

sonomori07.jpg
二股に分かれている大きな木に登ってジャンプ!

sonomori08.jpg
大きなミミズを発見。どこから出てきたのかな?
sonomori08-2.jpg


sonomori09.jpg
「キノコがあった!」

sonomori10.jpg
さまざまな発見を楽しみ、行きとは違う道を通って園に戻りました。
出発から園に戻るまでたっぷり1時間半!最後まで頑張って歩いた子どもたち。
これからの暑い季節には、森の中は涼しくてもっと気持ちよく感じられると思います。
お子さんと一緒に散策してみてはいかがでしょうか。

イチゴジャム作り・お店見学

年少組は25日にイチゴジャム作りを行いました。
年少組になって初めての調理活動です。
園で育てているイチゴを観察してきましたが、残念ながらイチゴジャム作りまでに実らず…。園のイチゴを味わうのは後日のお楽しみとなりました。

お店で買ったイチゴをよく洗い、ヘタを取ってジップロックの袋に入れて手で潰します。
子どもたちの真剣な表情をご覧ください!
jam01.jpg

jam02.jpg

jam03.jpg
イチゴの形がなくなるように、指先でしっかり潰してくれました。
待っている間もきちんと椅子に座ってお友だちの応援をすることができました。

jam04.jpg
子どもたちの力できれいに潰れたイチゴに、白砂糖を混ぜます。
「こんなにたくさん入れるの?」とびっくり。

jam05.jpg
よく混ぜると砂糖が溶けて見えなくなりました。
この時点でもういい匂い…早く食べたい!

レモン汁も加え、保育後に担任たちが煮詰めてジャムにしました。
26日のお昼には、家から持ってきたパンにジャムをつけて「いただきます!」
jam06.jpg

jam07.jpg
甘くて優しい味のする手作りのイチゴジャム。おいしく食べられました!
子どもたちに手伝ってもらいながら作ってみてはいかがでしょうか。


さて、年少さんがイチゴジャムを食べた26日。年中組は、近所にあるBig-Aにお店見学に行きました。
本当は25日の予定でしたが、嵐のような雨風で延期となり、26日は前日が嘘のような晴天!
道路の歩き方、渡り方、お店での約束などをしてから出発です。

mise1.jpg

mise2.jpg
お友だちと手をつなぎ、電柱や縁石などにも気を付けながら心地よい風の中を歩いて進みます。
公園の木陰が涼しくてとても気持ちよかったです。
そして、あやめ台団地の中にあるお店に到着!
mise3.jpg
お店の中では写真は撮れませんでしたが、野菜や肉、アイス、ジュース、お菓子にお弁当など、たくさんの品物を興味津々に見て回りました。

ぐるりと中を見た後は、商店街の見学をしました。
mise4.jpg
「幼稚園にある絵本を買っている本屋さんだよ。」
mise5.jpg
「髪を切ってくれるお店だよ。」
他にも病院や八百屋さんもありました。
mise6.jpg
階段ではなくスロープがある理由も考えながら通ってきました。
初めての園外散歩、園に帰るころにはもうヘトヘトでしたが、最後まで頑張って歩くことができました!
6月には子どもたち自身が店員さんになれる「お店やさんごっこ」が待っています。
これからどんなお店を作り上げていくのか、今から楽しみです。

<おまけ>
お昼に、園で採れたフキを煮て出しました。「きゃらぶき」です。
ちょっと大人好みの味かもしれませんが、おかわりに来たクラスもありました!
これからもいろいろな作物を食べてもらいたいと思います。
ふき



年長組 よもぎ団子作り

18日、19日に年長組がよもぎ団子を作りました。
事前に、園庭に生えるよもぎの葉を摘むところから始まったよもぎ団子作り。

ym01.jpg
『裏が白くて、葉っぱがギザギザしていて、匂いがする』よもぎの葉の特徴を丁寧に確かめながら、慎重に探して集めました。集めた葉っぱは先生たちが湯がいてあく抜きをし、よもぎ団子作りの日まで冷凍庫で保存します。

いよいよ当日。解凍したよもぎの葉をお湯と一緒に少しずつミキサーにかけ、どろどろのジュース状態にします。
ym02.jpg
ミキサーの音やよもぎが細かくなっていく様子に子どもたちは大興奮でした。

ym03.jpg
そして、よもぎ汁をだんご粉に投入。白い粉に緑色が鮮やかです。

ym04.jpg
丁度いいかたさになるまで水を足しながらよく捏ねていくと…
きれいな黄緑色の生地ができました!

ここで子どもたちの出番です。
ym05.jpg
ym06.jpg
ym07.jpg
ym08.jpg
「このくらいでいい?」と大きさを確かめながら真剣な顔つきでひと口大の大きさに生地をちぎり、丸めたり延ばしたりサイコロのような形にしたり、思い思いの形を作りました。

ym09.jpg
茹であがった団子は、色がよもぎの葉のように濃くなって見た目もつるつる!
「こんにゃくみたい」「つるつるだ」「緑色になった!」と子どもたちからさまざまな感想が飛び出しました。

昼食の時間に、きな粉をかけて「いただきます!」
ym10.jpg
ym11.jpg
よもぎの香り漂うもちもちの団子を味わいながらいっぱい食べました。
ご家庭でも一緒にお団子作り、してみてはいかがでしょうか。

新入園児歓迎会を行いました

新年度が始まり、10日の入園式から1週間が経ちました。
バスから降りた年長さん年中さんは、まだ園生活に慣れない年少さんの手を引いて保育室まで連れて行ってくれています。

17日(火)に、ホールで新入園児歓迎会を行いました。全園児で集まるのは、今年初めてです。
sk01.jpg
廊下でドキドキしながら待機する新入園のお友だち。
中で何が始まるのかな?

sk02.jpg
ホールの中では進級児のお兄さんお姉さんが待っていました!
年長さんの手のアーチの下をくぐり、手拍子に迎えられて入場です。

sk03.jpg
理事長先生、園長先生の話の間、みんな静かに座って聞いていました。

sk04.jpg

sk04-2.jpg
幼稚園の園歌をみんなで歌います。進級児は、新しいお友だちに覚えてもらおうと大きな口を開けて元気に歌っていました。
3番にある手拍子は、見よう見まねで新入園児も一緒に参加。かわいらしい手拍子が聞こえました。

sk05.jpg
その次に、年長さんから言葉と手遊びのプレゼントです。
みんなで考えたお祝いの言葉を言った後、「アンパンマン」の手遊びを披露しました。
sk06.jpg
「♪トントントントンドキンちゃん~」
年長さんを見ながら年少さんも手を動かしていました。

sk07.jpg
年中さんからは、歌のプレゼント。進級して数日の間に練習した「ドレミの歌」を一生懸命歌っていました。

sk08.jpg
最後にもらったメダルは、年長さんの手作りです。
新しいお友だちに喜んでもらおうと、気持ちを込めて作りました。
これからあやめ台幼稚園でたくさんのお友だちを作りましょうね!

お別れ遠足

3月1日に年長組で県立中央博物館へ遠足に行きました。当日の朝、起きると春の嵐・・・どうなることかと思いましたが、出発の時間になると晴れ間も見え、すっかり天気が回復していました!
博物館に着くと、朝の悪天候のため予約の団体のキャンセルが多かったようで、あやめ台幼稚園ともう1つの園だけの、ほぼ貸し切り状態で、ゆっくり館内を見ることができました。


お別れ遠足
3クラスで回るルートを分け、別々の部屋からいよいよ出発。
「房総の地学展示室」では、展示物の他に、化石を触らせていただきました。落とさないか心配する大人たちをよそに、さすが年長さん!丁寧に扱っていましたよ。アンモナイトをはじめ、いろいろな大きい化石、小さい化石、たくさんの化石がありました。


fm 1
「房総の生物展示室」では、楽しみにしていた動物の剥製が!子どもたちは興味津々。猿や鹿、カラスのなどたくさんの剥製に大興奮の子どもたちでした。

お別れ遠足

お別れ遠足
「生物の分類展示室」「小動物展示室」では、昆虫の標本や大きなクジラの骨、イモリ、マムシ、カエルなど実際に生きている生物を見ることができました。子どもたちは自分の興味がある場所を行ったり来たりして真剣な眼差しで見ていましたよ。


お別れ遠足
そして、「海洋展示室」では、大きなマンボウがお出迎え。海に生活する多種多様の生物を見ることができました。そして、残念ながらお仕事で来られなかったK先生の大好きな『スベスベマンジュウガニ』も発見!「かわいいね。」「ツルツルだね。」と子どもたちも気に入ったようでしたよ(スベスベマンジュウガニには毒があるので注意しましょう)。

「体験学習室」では、昔のテレビや電話に触れたり、籠を背負ってみたり、土器のパズルに挑戦したり、剥製に触れてみたり...さまざまな体験ができました。興味があるものがいっぱいありすぎて、時間が足りなかったようなので、ぜひ、ご家庭でも行ってみてください!


お別れ遠足

お別れ遠足

あっという間にお昼の時間。風も止み、暖かかったので、外でお弁当を食べることに。短い時間でしたが広場で遊ぶこともでき、一年間、幼稚園最後の遠足を笑顔で終えることができました!
プロフィール

園長

Author:園長
あやめ台幼稚園ブログでは、園児の活動の様子をご紹介したり、園長が日々思うことを綴ったりします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR